DxLive・ライブチャット情報

個人登録チャットレディが稼げなくなった

2019年9月19日

サイトに直接登録するチャットレディを個人登録チャットレディと呼びます。

個人登録は在宅チャットレディの基本型しかし…

---まえがき

ライブチャットの創成期は、物珍しさもあってお客さんはジャンジャン増え、チャットレディはパソコンとウェブカメラとネットさえあれば、なんのノウハウも不要で面白いほど稼げてました。

当時はサイトスタッフがサポートするのが基本で24時間いつでもサポートのサービスがあったので、個人登録で快適にアルバイトできてました。

今はスマホで高画質なアダルト動画が観れるまでに進化して、特に日本語圏の割高なライブチャットで稼ぐことは15年前のように簡単ではなくなりました。

日本語ライブチャットの経緯と個人登録が稼げなくなった理由、そして個人登録よりもライベックス登録が稼げる理由を説明します。

 

個人登録でも稼げたのは2008年まで

まえがきで書いたように、ライブチャットが日本に紹介された2002年から5年ほどの初期(創成期)は、まだインターネット自体の速度もパソコンの処理速度も遅くて、ウェブカメラの性能は低く、ライブチャットも古いガラケーのようなダメダメ画質。

それでもライブチャットのリアルコミュニケーションが楽しくて昼夜大盛況でした。

ノウハウも特別なことは不要で、映れれば誰でも稼げていたのです。

2006年には国内でも10サイトくらいになっていたと記憶してますが、2008年にリーマンショックで世界同時不景気に陥り、状況は一変しました。

 

個人登録が稼げなくなった理由

日本でもライブチャット(最初はBBチャット)が開業してサイト同士で利用者獲得の競争が始まり、配信品質向上やパフォーマンスの競争が激化が勝手に起きたのです。

皮肉にも2008年の大不況が原因で失業者が大量に発生してチャットレディが一気に増えました。

時同じくして、ライブチャットサイトの代理店やライブチャットプロダクションもボコボコ開業。

チャットレディも業者も増えたことで競争が熾烈化しました。

リーマンショックでライブチャットサイトは売上ダウンしたこともあって、代理店やプロダクションにサポートを依存する傾向が強まり、サイト独自のサポートは縮小を始めました。

創成期から続いた個人登録チャットレディはそれなりに常連客を持っていて、それなりのノウハウも積んでいたので生き残れたベテランの個人ソロは今でも少数います。

が、その頃以降の個人登録はスタートから放置状態が基本で、孤立して早々に消えました。

今でもすぐに消えます、どうしていいかわからなくて稼げないから。

それでも不景気なおかげでチャットレディ登録は引きも切らず、そんな状況にサイト運営会社も油断したのか、個人登録チャットレディはサポートされずに稼げなくなりました。

 

それでもサイトが個人登録を募集する理由

本来の『チャットレディは在宅ワークで一人でできます』が基本のセールスポイントですから、それ自体は間違いではないと思います。

そして、どの国のどのライブチャットサイトも、『うちはお客さんがいっぱいいて、いつでも誰でも稼げます』という前提ですから、「プロダクションのサポートがないと稼ぎにくいですよ」なんてことは口が裂けても言いません。笑

誰だって「昔は個人登録でも稼げましたが今は簡単に稼げません」、なんて宣伝しないですよね。苦笑

どんなに人気のない稼げないライブチャットも「当サイトがナンバーワンです」と宣伝しているわけですから、その真偽を確かめるためには応募者のメディアリテラシーが重要といえます。

2019年の今は、たくさんの経験と知恵があるプロダクションに所属しなければ、特に商圏が狭い日本語圏のライブチャットでは、どんなに美人で賢くても個人登録で稼ぎ続けることは困難になっていることを念頭におくべきです。

 

平気で落とし穴を掘るアフィリエイト業者

稼げない個人登録チャットレディが増える一つの原因としてアフィリエイトの存在があります。

アフィリエイトとは紹介マージンを得るためのネットビジネスの手法で、物販以外にチャットレディをサイトに個人登録させて紹介料を得るアフィリエイトもあります。

アフィリエイトを仕掛けた自分のサイトから直接個人登録させることでマージンを得るわけですから『個人登録が最善』だ『個人登録が一番』だと宣伝します。

しかしそのアフィリエイターが応募者を個別サポートすることはありません。

前述のようにサイト運営会社から直接サポートされることもないです。

アフィリエイト業者は自サイトから個人登録が完了してマージンを得ることだけが目的なので『その場それだけのこと』なのです。

まさに落とし穴的存在。

アフィリエイトは、在宅チャットレディの情報サイト・クチコミサイト・人気ランキングサイトなど様々なサイトに仕掛けられています。

情報サイトにアクセスしてうっかり『今すぐ登録』というようなボタンから登録すれば、まんまとアフィリエイト引っかかったということです。

 

ライベックス登録が優位な理由

ライベックス(旧NetStars)は2006年からライブチャット情報サイト運営を経て、2008年にDxLiveとエンジェルライブと代理店契約してライブチャットプロダクションを立ち上げました。

クルマのセールスマンから米国製品の日本代理店など様々な営業職や映像制作の経験を基に在宅チャットレディのアシストを始めてからまもなく12年になります。

チャットレディのプロデュースの仕事には、過去数十年の営業接客の経験と映像制作(カメラいじりはガキの頃から50年以上)の経験が大いに役立ってます。

さらにチャットレディと一緒に、今にピタリ合うチャットレディのお仕事を毎日研究しています。

チャットレディは百回やれば百回全て違う接客のお仕事であり、接客業はマニュアル読めばできるお仕事ではありません。

ライベックスは豊富な経験を基にしてチャットレディ一人一人に的確なサポートをしています。

宣伝トークだけではなく、本当に稼げます。

DXライブの報酬
DxLive報酬送金について

DxLiveの報酬について チャットレディ・パフォーマーの報酬について詳しく説明します。 LIVEXの報酬率・報酬単価をわかりやすく表にまとめました。 報酬の受取り方法や確定申告、報酬についての留意点 ...

続きを見る

LIVEXについてライベックスはMobico LLC.が運営するライブチャットプロダクションです。

 

あとがき

日本のライブチャット業界はいわゆる性風俗業界の括りのなかにあるようです。なんつーか、チャラい。そして暗い。

ライベックスはそんな風俗カラーを嫌って、海外トレンドに沿ったハイセンスな明るく稼げるチャットレディを育成サポートしています。

ライベックスはアフィリエイトサイトではありません。

ライベックスはあなたのチャットレディライフに責任をもってサポートするプロダクションです。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

IMAI

DxLive求人.comの今井です。 2008年からDxLiveのエージェントとして活動を開始して2012年にDxLive求人.comを開設しました。海外のライブチャットを専門に扱うプロダクションのオーナーをしています。

-DxLive・ライブチャット情報
-,

Copyright© DXライブ チャットレディ求人募集 , 2020 All Rights Reserved.